2011年01月21日

エレコムのポータブルハードディスクは画期的

大阪市中央区に本社を構える、コンピュータ周辺機器メーカー

の中堅企業として知られるエレコムが、テレビに装着できる

タイプの画期的なポータブルハードディスク(HDD)を発表し、

シャープの「アクオス」、東芝の「レグザ」の購入者に猛烈な

アピールをおこなう気配です。



エレコムが発表したのは、超小型軽量タイプのテレビ接続用

ポータブルハードディスクで、商品名は『LaCie rikiki

(リキキ)LCH-RK500UTV』。シャープ『アクオス』および東芝の

『レグザ』で動作検証済みとなっており、2月上旬に発売される

予定です。



『LCH-RK500UTV』は付属の取り付け金具を使ってテレビ背面に

設置可能となっており、設置スペースをテレビ背面にすることで

スペースをとらず、すっきりと利用できるコンパクトな設計が

売りです。背面に設置すれば通常は視界に入ることは

ありませんので、まるでテレビにHDDを内蔵しているかのような

一体感が実現できます。もちろんUSBケーブル1本でテレビに

接続し、外部電源が必要ないのでタコ足が増えることは

ありません。



『LCH-RK500UTV』はさらに、地上デジタル放送で最大60時間の

録画が可能で、『アクオス』および『レグザ』のUSB端子と

接続し、美しい映像をしっかりと録画・再生してくれます。



さらに『LCH-RK500UTV』は、付属のソフトウェアを使えば、

パソコン用のUSBハードディスクとしても使用可能との

ことです。容量は500GBもあるので、動画も画像もたっぷりと

保存できそうです。





【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL


イザ!ニュースURL


ライブドアニュースURL


----------PR----------



取材 出版


考える コツ


採用される出版企画書


ブログ 書籍化


編集プロダクション 東京





Posted by caprice at 15:43

削除
エレコムのポータブルハードディスクは画期的